感染症と免疫力

MENU

感染症と免疫力

感染症とはどんな病気?

感染症とは一体どのような病気なんでしょうか。

 

感染症は、空気や水、土の中や人間や動物などに存在している目には見えない位小さな微生物が、人の体に入り込み体内で増殖する事で定着し、人体に悪影響を及ぼす病気の事を言います。

 

人の体には免疫力といって、体内に悪い菌が入りこんだ時にやっつける防衛システムが備わっています。

 

免疫力よりも菌の力が強い場合は、体内に侵入され増殖してしまうので、治療を行わないと自然に治ることは難しくなってしまいます。

 

そういった、普段目に見えていない病源菌は数多く存在しています。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

感染症の原因となる菌は、細菌・真菌(カビ)・ウイルスや寄生虫に感染する事で発症します。但し、病源菌が体内に入ったからと言って、必ず発症するとも限りません。

 

一度、病源菌に感染すると、その人は感染源となり、菌を保有している者を、キャリアと呼びます。

 

そこで、感染したことによって、自覚症状が出る状態を「顕性感染」、自覚症状が出ない状態を、「不顕性感染」といい、不顕性感染の場合、自覚症状がないまま他の方に感染症を広めてしまう大きな原因となります。

 

 

感染症の感染源

感染の原因になるのは、感染している人や動物などの生物(キャリア)や、病原体が感染している食物や飲物、感染している人や動物などの生物が、嘔吐したものや、便などの排泄物。

 

体液や血液、手に触れた物や残した食品などからも感染する可能性があります。

 

感染を予防する効果がある方法は、感染源を隔離したり、消毒し病原体を死滅させる事が有効です。

 

 

感染症の感染経路

感染する場合、なんらかの形で病源菌が体内に侵入します。感染経路を知ることによって、注意し感染予防に繋がります。
主な感染経路は3種類あります。

 

1つ目は接触感染
感染者が直接触れた物に接触する事が原因で感染します。

 

感染者がドアノブや手すりなどに触れ病原体が触れた物に移り、その病原体に触れる事で手につき、口や目や鼻などにその手で触れることによって体内へ侵入します。

 

予防法としては、手洗いやうがいによって、病原体を殺菌したりマスクをつけることで直接口や鼻に手が触れないようにする事が効果的です。

 

また、病原菌を保有している動物などに噛まれたり傷つけられたりする事で感染します。血液によって感染する場合は、蚊などが感染症を媒介する原因ともなっています。

 

また、性感染症など、性行為による粘膜や体液の接触で感染する、クラミジアやエイズなどがあります。

 

2つ目は飛沫感染
飛沫とは、クシャミや咳などで病原体を含んだつばなどが飛び散り、それを吸い込むことで体内に病原菌の侵入します。主に、風邪やインフルエンザなどがこの飛沫感染します。飛沫感染の予防には、マスクがとても有効です。

 

3つ目は空気感染
クシャミや咳で飛び散った飛沫が蒸発すると、空気中に病原体が漂います。この空気を吸い込むことで体内へ病原体を侵入させてしまいます。

 

風邪はウイルスによる感染症です。風邪の予防に良いと言われているのが、手洗いうがいで、病原菌を殺菌し、マスクを使用する事で病原菌の侵入を阻む事が出来るのです。

 

また、母子感染と言って母親から新たに生まれてくる赤ちゃんに感染してしまうケースがあります。

 

また、こういった細菌・ウイルス・真菌などをやっつける抗生物質も微生物です。微生物の力を使って、微生物をやっつける事で、体内から悪い症状を起こす病原体を除菌して治すお薬が抗生物質です。

 

クラリスロマイシンTOPページへ