クラリスロマイシンのジェネリック医薬品

MENU

クラリスロマイシンのジェネリック医薬品

クラリスロマイシンのジェネリック医薬品

クラリスロマイシンは、幅広い症状に効果が有る為、需要が高いお薬です。需要の高いお薬には、ジェネリック医薬品と言われる後発薬医薬品の開発が多くされます。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

最初に開発されたお薬を新薬(先発薬医薬品)といい、今回の場合クラリスロマイシが新薬にあたります。

 

新薬が開発される際には、膨大な時間と費用を費やして研究開発されます。何度も、改良と試験を繰り返し、最終的に臨床試験(実際の医療現場)を突破したものだけが、厚生労働省に承認されて製造販売する事が許されるのです。

 

新薬を開発する製薬会社は、開発と同時に特許の申請をします。苦労して開発したお薬を、他の製薬会社に真似されて直ぐに販売されないようにする為です。それをされてしまうと、膨大な時間と費用を費やして新薬の研究開発をする意味がなくなってしまいます。

 

こうして、新薬を開発した製薬会社は、独占的に今までかかった研究開発費用を回収して利益をだし、新たな新薬を開発するための費用を得るのです。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

このバランスが崩れてしまうと、新薬を開発する製薬会社が居なくなってしまうため、医療の発展が望めなくなってしまいます。

 

特許が切れる期間、独占的に新薬が製造販売されます。新薬の販売値にはもちろん開発費用も含まれた値段設定になります。

 

クラリスロマイシンのように、需要があるお薬の場合、特許が切れる1年~2年前から他の製薬会社が同じお薬の開発を手がけます。

 

こうして開発されるお薬が、ジェネリック医薬品(後発薬医薬品)です。

 

実際に、新薬として十年前後の長い期間、医療現場で使われて来たお薬なので、その実用性・効果・副作用・問題点などのデータがたまってきています。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

それを元に、改良出来る点を改良する研究をし、新薬の改良版として製造と販売の承認を得るのです。

 

例えば、錠剤の場合薬の吸収する速度が遅く、ゼリータイプにする事で吸収を早めて即効性を出したり、舌下錠やフィルムタイプの水無しで何処でも服用できるタイプに変更したりなど様々な改良パターンがあります。

 

既に、ベースの作り方はわかっているので、新薬に比べても開発期間や開発費用を、大幅に削減して薬を開発することが出来るのです。

 

こうして開発されたジェネリック医薬品が販売されると、新薬と比べても開発費用を削減できている分、安い価格で販売することが出来るのです。
また、基本的には新薬と同じ成分を使ったお薬なので、効果や副作用などの安全性も同等です。

 

患者側から新薬とジェネリックを比べて見ると、効果や副作用も同等以上で、価格もジェネリックの方が安いとなると、大多数の方がジェネリックを選びます。

 

海外では、貧困層の多い地域も有る為、ジェネリックの普及率は8割~9割にも及びます。特に、海外の医療ボランティア団体では、ジェネリックが大活躍しています。

 

医療費のコストを下げる為に、治療するお薬代を抑える必要があり、医療ボランティア団体では、治療に使用する薬の殆どをジェネリック薬を使用する事で、ボランティア活動を支えています。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

また、日本政府もジェネリック薬の普及率を上げようとジェネリック薬の推進をしております。日本では、健康保険が適用となると、医療費の3割を自己負担とし、残りの7割を国が負担してくれる仕組みで、安い金額で医療を受けることが出来ます。

 

この、7割の負担は国としても高齢化社会になるにつれて、患者数も増え負担額も膨れ上がってきています。そこで、効果や安全性も同等以上で低価格で購入する事が出来る、ジェネリックに切り替わる事で、お薬代の負担額を減らすことが出来るのです。

 

特に、海外ではジェネリック薬の普及率が高い為、クラリスロマイシンのように幅広く使えて需要のあるお薬に関して、ジェネリック薬の開発が進んでいるのです。

 

クラリスロマイシンTOPページへ