歯周病治療にクラリスロマイシンが使用される

MENU

歯周病治療にクラリスロマイシンが使用される

クラリスロマイシンと歯周病治療

 

歯周病は、口の中で歯や歯茎の回りが細菌に感染することで起こります。

 

一度進行すると、歯肉炎の段階ではまだ完治出来ますが、歯を支えている骨が溶け出してしまった場合、一度溶けた骨を元に戻すことは出来ないため、進行速度を遅くする事がとても大切です。

 

日本人の8割以上が歯周病菌に感染していると言われており、感染自体を防ぐ事はほぼほぼ無理だろうと考えられています。

 

症状としては、口臭が酷くなり、口の中で菌が繁殖するため、口の中がネバネバします。進行すると、歯を支えている骨を溶かしてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

進行を止める為には、歯周病菌が好んで繁殖する環境を住みにくくする他ありません。

 

普段の歯磨きがとても大切ですが、磨き残しがあると歯垢が固まって歯石となり歯周病菌が繁殖しやすい状況を作ってしまうのです。

 

一度ついてしまった歯石は、歯磨きでは取れないので、歯医者へ行き掃除してもらう必要が出てきます。

 

普段の生活から、プラークコントロールをしっかりする事で、歯周病の進行を食い止めることが出来るのです。

 

 

歯医者での歯周病治療

まず、軽度の歯周病の場合は、歯周病菌の住処となる歯石の除去がメインとなります。

 

見えている表面の部分や、歯茎と歯の境目にある歯周ポケットと呼ばれる部分に溜まった、歯石を除去しています。

 

中度まで進行した歯周病の場合、歯をツルツルに仕上げることで、歯垢自体が歯に付きにくくします。さらに歯周ポケットの奥深くに歯石が溜まっている場合があるので、治療箇所によっては麻酔も必要になってくるケースがあります。

 

重度まで進行してしまった歯周病治療はとても大変です。歯周ポケットが深くなりすぎてしまい、通常の歯石除去方法では、綺麗に掃除しきれません。
麻酔をして歯茎を切開し、歯の根元の部分から徹底的に歯石の除去をしていきます。歯周ポケット自体を浅くしていき、歯石がたまらないように管理していくことが大切となってきます。

 

 

バイオフィルム

バイオフィルムとは、微生物が集団で集まり形成された膜の事をいい、細菌はこのバイオフィルムの中で生活しています。

 

歯垢はバイオフィルムにあたり、歯垢の中では細菌が増殖しては死滅していく事を繰り返しており、周囲に悪影響を及ぼす毒素も排出しています。

 

クラリスロマイシンや、アジスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質は、このバイオフィルムを溶解していく事から、歯周病に対してとても高い効果があります。

 

クラリスロマイシンTOPページへ