クラミジアの感染者が増加中

MENU

クラミジアの感染者が増加中

性感染症のクラミジア感染症に関して

日本で1番感染者数の多い性感染症が、クラミジア感染症です。

 

特に若年層に多く、18~19歳の10代では約30%、20代では約15%の女性がクラミジアに感染していると言われているほど、身近な性感染症です。

 

問題なのが、感染者の約80%に自覚症状が無いことでしょう。気付かぬうちに感染している場合が多く、自覚症状が出ない為に治療をせずに悪化して、更に他の人へ移してしまうという悪循環を生んでいます。

 

中には、子供が中々出来ないと検査を受けて、不妊症の原因になっている卵管炎を起こしてしまい、その時にクラミジア感染が発覚するケースも少なくありません。

 

少しでも、おりものの色や臭いなどに変化や、生理痛のような痛みや不正出血を起こした場合は、早めに検査をしましょう。

 

そのまま放置してしまうと、女性器周辺の炎症が広がり、不妊の原因となってしまいます。

 

 

クラミジアの検査方法

基本的に男性の場合は、尿検査、女性の場合は、膣分泌液による検査で判断されます。

 

現在では、自宅でセルフ検査が出来るセットも通販で販売されているので、病院で検査を受けるのが恥ずかしいや、病院へ行く時間が無い方などにとても人気の検査法です。

 

クラミジアの感染が確定した場合は、早急に治療を行いましょう。

 

 

クラミジアの感染経路

クラミジア感染症は、主に性行為によって感染します。通常のセックス(膣性交)だけではなく、オーラルセックスでも感染する場合があるので、注意が必要です。

 

また、他の性感染症に感染していた場合、炎症部分からの感染するリスクがとても高くなります。その為、クラミジア感染症に感染した場合も、他の性感染症と合併するリスクがとても高くなります。

 

HIVウイルスへの感染率も跳ね上がり、同じ性感染症で有名な梅毒との同時感染しているケースも多々あります。

 

 

クラミジアの感染予防

まず、不特定多数と性行為をする事で、感染のリスクは高まります。

 

実際に、不特定多数と性行為を行っているケースのほうが、断然感染率が高いというデータも出ています。また、クラミジアの感染予防としては、とても有効なのはコンドームの使用でしょう。

 

どの性感染症にも言えることですが、コンドームを正しく使うことでとても予防率を高くする事が可能です。

 

ただし、クラミジア感染症は、咽頭(のど)へも感染するので、オーラルセックス(フェラチオやクンニグリス)を行うことで、感染する可能性が有る為、前戯の段階からのコンドーム着用が望ましいでしょう。

 

クラリスロマイシンTOPページへ