扁桃腺炎で高熱が続いた時に処方 | クラリスロマイシンの口コミ

MENU

扁桃腺炎で高熱が続いた時に処方 | クラリスロマイシンの口コミ

クラリスロマイシン,口コミ,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

朝起きた時に身体がだるく、重いと感じました。体温を測ってみると、38度の熱があり学校は休み、自宅でゆっくりと休養をとることにしました。

 

常備薬の解熱剤を飲んでしばらく横になっていたのですが、夜になっても熱は下がるどころか上がる一方で、39度代に突入してしまいました。

 

動くのもやっとで、病院に行くこともままならずじっとしていると、次第に喉の奥に強い痛みを感じるようになりました。

 

その日はそのまま寝て過ごし、次の日の朝一番で、歩いて行ける近所の内科にかかりました。

 

すると、喉の奥を診察するなり急性扁桃腺炎だね、と言われました。急性扁桃腺炎は、強いのどの痛みと高熱が続くことが特徴で、私の症状とぴったり一致していました。

 

喉の炎症を引き起こしている細菌をやっつけることが重要らしく、クラリスロマイシンという抗生物質を処方してもらいました。

 

自宅に戻りすぐ服用し、明日は学校へ行けるだろうか、と思いながら安静に過ごしました。次の日の朝、早めに起きてみると喉の痛みが改善されていることに気が付きました。

 

しかし、熱はまだ38度代だったので学校には行けませんでした。しかし、喉の痛みに対する効果は抜群で、食事をとるのも辛かったのですが、その日は快適に過ごすことが出来ました。

 

そのおかげで十分な栄養をとることができ、次の日には熱も下がり健康な状態に戻ることが出来ました。

 

クラリスロマイシンは私にとって熱が出た時の救世主です。今では一番頼りになる薬として常備しています。

 

クラリスロマイシンTOPページへ