抗生物質とアルコールの飲み合わせ

MENU

抗生物質とアルコールの飲み合わせ

抗生物質とアルコールの飲み合わせ

抗生物質とアルコールを同時に摂取する事は一般的にダメとされています。抗生物質とアルコールを同時に摂取すると、どんな影響があるのでしょうか。

 

クラリスロマイシン,通販,購入,効果,副作用,即日,市販

 

抗生物質が体内に入ると、肝臓へ運ばれ肝臓で分解された後に、血管を通り全身へと運ばれていきます。アルコールも同様で、体内に入ると肝臓へ運ばれ分解されます。

 

抗生物質とアルコールが同時に肝臓へ運ばれた場合、基本的に優先して分解されるのは、アルコールになります。その場合、抗生物質は十分な分解が行われないまま、通常よりも高濃度で全身へと運ばれてしまいます。

 

場合によっては、命に関わる状態を引き起こしてしまう事もあるので注意が必要です。症状としては、頻脈になったり、血圧が下がったり、呼吸困難や痙攣を起こす場合があります。

 

また、抗生物質の種類によっては、アルコール自体の代謝を悪くしてしまう事によって、二日酔いなどを起こしてしまう原因にもなります。

 

アルコールを分解する時に、セトアルデヒドという物質が発生し、このセトアルデヒドの血液濃度が上昇する事で、気持ち悪くなって吐き気を模様したり、呼吸を早くしたりする原因物質で、悪酔いの原因ともなっています。

 

基本的にクラリスロマイシンに関しては、アルコールと一緒に摂取しても特に問題ないとされています。

 

但し、ピロリ菌の除菌などで使用する際は、アルコールを控えましょう。

 

理由としては、ピロリ菌を除菌する場合、抗生物質のクラリスロマイシンとアモキシシリン+胃酸をとめる胃薬などを同時に服用するため、代謝をしなければならない肝臓へ負担が大きくなってしまいます。そこで、アルコールを摂取してしまうと、肝臓への大きな負担をかけてしまう恐れがあります。

 

また、セトアルデヒドが増えることによって、頭痛・顔が赤くなる・汗をかく・頻脈・動悸・血圧低下・きもちわるく嘔吐するなどの症状が悪化していきます。

 

クラリスロマイシンTOPページへ